人気の景品は景品ショップで

景品を選ぶために、複数のお店に足を運ぶのはとても大変なことです。ひとつの店ではさまざまなジャンルの物が揃わないこともあり、何軒もはしごすることになってしまいます。そんなときにおすすめなのがネットで気軽に利用できる景品ショップです。忘年会や新年会、コンパや結婚式など、さまざまなシチュエーションの宴会の二次会で利用できるバリエーションに富んだ景品が揃っており、お任せにして選ぶこともできます。目玉景品として、人気、定番となっているものには、テーマパークのチケットや温泉旅行、クルージングチケットや旅行券などがあり、カタログギフトも参加者に評判のよいものとなっています。

家電品やご当地グルメも人気で、金額設定の幅も広いことから景品に向いています。参加費を安く抑えた場合に喜ばれるものとしては、一風変わったご当地レトルトカレーや個別包装の入浴剤や石鹸、洗剤やスポンジなどのキッチングッズ、かわいい文房具などもあります。予算額に応じて、複数の景品が用意されているので、金額をあれこれと悩むことなく、選ぶことができるのも魅力です。参加人数が多い規模の大きいパーティーなどでは、参加賞からメイン賞品までが全て網羅された景品セットもあるため、景品選びに苦労することが全くありません。楽して喜ばれる景品選びに、景品ショップはとてもおすすめです。


ue reading »',

景品選びで失敗しないために

宴会やパーティーの2次会に関わる予算には、参加会費、会場費、飲食費、景品費が考えられます。参加者の数が多ければ、予算が潤沢で余裕がありますが、そうでない場合は、会場代か景品代かのどちらを抑えなくてはならなくなります。これまでに、二次会の幹事を経験された方のなかには、予算が超過してしまったため、景品代を数人の自腹で清算したという失敗談もあるようです。参加費の徴収をしっかりしておくことが前提となりますが、ドタキャンも少なくありません。そんな際には、参加案内をする場合に、最終申込期限とともにそれを過ぎると参加費の返却はしないなど、事前に取り決めを明確にしておくことも大切なこととなります。

景品を豪華にするために参加費を高額なものとしてしまうと、景品の数が少なくなるうえに参加費の高さが意識され、景品がもらえない参加者にとっては不満の大きいものとなります。景品の予算は、基本的に、会費徴収全額から会場費や飲食費を差し引いた金額となります。一般的には、参加人数に1,000円~1,500円をかけた金額が景品の目安となるので参考にするのもいいでしょう。ランクによって景品金額を決定しても、同じ価格帯のなかにさまざまな種類の景品があるため、会の趣旨や目的、参加者の状況に合わせて、会の雰囲気にマッチしたものを選ぶことがポイントとなるでしょう。


ue reading »',

景品の選び方のポイント

会社の忘年会や結婚式の二次会で定番のビンゴゲームや抽選会。ワクワクドキドキで宴会が大盛り上がりする瞬間でもあります。ただ、幹事役を仰せつかった者としては、準備がとても大変。景品を何にしようかと悩んでしまい、膨大な時間と労力を費やすこともしばしばです。景品を選ぶときのポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、特賞や1等、参加賞など、賞のランクと数、それぞれにかける費用配分をすることからスタートします。参加者の数やゲームなどの出し物も明確にしておかないと数が足りなくなってしまうこともあるので留意しましょう。大筋のプランを立てたら、目玉となる賞の予算を決定します。目玉商品に予算の大半をつぎこみ一点豪華でいくのか、なるべく多くの参加者に景品が行き渡るようにするのかも大切なポイントです。

目玉となる商品は、性別や年齢、既婚、独身を問わず、誰がもらっても嬉しい物を選ぶようにします。また、ユニークでおもしろい景品を下位に設定すると場が盛り上がることもあります。いくら予算をかけてもサイズが大きすぎると当日持ち帰るのに苦労するため、敬遠されがちです。トップの景品は、パッケージを大きくて見栄えのいいものにしておいて、中をあけると持ち帰るのにほどよいサイズであることが望ましいと言えるでしょう。家電品や生鮮食品などを景品にする場合は、当日は目録の授与にとどめ、後日配送するなどの拝領も必要となります。


ue reading »',