景品の選び方のポイント

会社の忘年会や結婚式の二次会で定番のビンゴゲームや抽選会。ワクワクドキドキで宴会が大盛り上がりする瞬間でもあります。ただ、幹事役を仰せつかった者としては、準備がとても大変。景品を何にしようかと悩んでしまい、膨大な時間と労力を費やすこともしばしばです。景品を選ぶときのポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、特賞や1等、参加賞など、賞のランクと数、それぞれにかける費用配分をすることからスタートします。参加者の数やゲームなどの出し物も明確にしておかないと数が足りなくなってしまうこともあるので留意しましょう。大筋のプランを立てたら、目玉となる賞の予算を決定します。目玉商品に予算の大半をつぎこみ一点豪華でいくのか、なるべく多くの参加者に景品が行き渡るようにするのかも大切なポイントです。

目玉となる商品は、性別や年齢、既婚、独身を問わず、誰がもらっても嬉しい物を選ぶようにします。また、ユニークでおもしろい景品を下位に設定すると場が盛り上がることもあります。いくら予算をかけてもサイズが大きすぎると当日持ち帰るのに苦労するため、敬遠されがちです。トップの景品は、パッケージを大きくて見栄えのいいものにしておいて、中をあけると持ち帰るのにほどよいサイズであることが望ましいと言えるでしょう。家電品や生鮮食品などを景品にする場合は、当日は目録の授与にとどめ、後日配送するなどの拝領も必要となります。