景品選びで失敗しないために

宴会やパーティーの2次会に関わる予算には、参加会費、会場費、飲食費、景品費が考えられます。参加者の数が多ければ、予算が潤沢で余裕がありますが、そうでない場合は、会場代か景品代かのどちらを抑えなくてはならなくなります。これまでに、二次会の幹事を経験された方のなかには、予算が超過してしまったため、景品代を数人の自腹で清算したという失敗談もあるようです。参加費の徴収をしっかりしておくことが前提となりますが、ドタキャンも少なくありません。そんな際には、参加案内をする場合に、最終申込期限とともにそれを過ぎると参加費の返却はしないなど、事前に取り決めを明確にしておくことも大切なこととなります。

景品を豪華にするために参加費を高額なものとしてしまうと、景品の数が少なくなるうえに参加費の高さが意識され、景品がもらえない参加者にとっては不満の大きいものとなります。景品の予算は、基本的に、会費徴収全額から会場費や飲食費を差し引いた金額となります。一般的には、参加人数に1,000円~1,500円をかけた金額が景品の目安となるので参考にするのもいいでしょう。ランクによって景品金額を決定しても、同じ価格帯のなかにさまざまな種類の景品があるため、会の趣旨や目的、参加者の状況に合わせて、会の雰囲気にマッチしたものを選ぶことがポイントとなるでしょう。